Brilliant Plus

News&Topics

【ビューティーコラム】Venus Marble 9色アイシャドウパレット【Romanticism】商品紹介

毎日暑いですね…
気温や湿度が高くてもアイメイクを楽しまれている方、どうせ汗でヨレてしまうからとアイメイクを施す気持ちになれない方、皆さんに朗報です!
思わずアイメイクがしたくなる、Venus Marble(ヴィーナス マーブル)の新作アイシャドウパレットが入荷しました

パッケージが紙製からプラスチック製になり、前回よりも粉の密着度が高まったように感じます
しかも、夏にぴったりの色合いがセットされた2種展開です。
見た目と肌に伸ばした時の発色が異なる色もありますので、スウォッチやメイク画像を参考にして頂ければと思います。

Romanticism

今回はRomanticism(ロマンチシズム)というカラーをご紹介します。

目次

Venus Marble 9色アイシャドウパレット Romanticism

Romanticism

Romanticism

商品説明

ふんわりとした女性らしいドレスが印象的なパッケージ。
サイズは縦横9cmの正方形で、コンパクトの内側に蓋と同サイズの鏡がついています。
ラメ3色、マット3色、パール2色、ほんのりラメ感のあるマット1色の合計9色。
カラー名称の通り、ロマンチックな目元を演出するパレットです。

Romanticism

※蓋はここまでしか開きません

Romanticism

Romanticism

1:ベースは水色・イエローの大粒ラメ

Romanticism

シンデレラのドレスの様な色ですよね。
何度か重ねると青く見えますが、水色の発色自体は淡め。

下まぶたに1番を塗っています▼

Romanticism

大粒のラメが際立つ仕上がりです。

高発色の水色のアイシャドウに重ねることで、より深い発色を楽しむこともできます。
1番はまぶた全体に、別途水色のアイシャドウを中央にだけのせています▼

Romanticism

ピンクとあわせると、パープルっぽくなり、かわいらしい印象になります。
2:マットなバーガンディ

Romanticism

こちらは量を多く取るより、少量を広範囲に広げると綺麗です。
他の8色、どれともあわせやすいため、迷ったらこちらをベースに広げると良いです。
3:ベースはピーチジュースみたいなイエロー・ピンクのパール

Romanticism

単色使いすると、まぶたのくすみを取りつつ、パールの光沢感が華やかさをプラスします。
色みはナチュラルなので、普段使いしやすいです。

黒目の始まりから目尻にかけて塗りました ▼

Romanticism

おすすめの使い方は、マットカラーの上に重ねること!
色がまろやかになり、ピンクのパールだけがチラチラ光りますよ。
4:ベースはレッド・多色パール

Romanticism

紫ではないの⁈と最初は少し残念だったのですが、今では一番使用頻度が高い色です。
苺のようなパキッとした赤色です ▼

Romanticism

見た目はイエローパールが強いのですが、肌に塗り広げるとピンクパールが目立ちます。
目尻は4番のみで、まぶたには少し1番を重ねて色みを優しくしています▼

Romanticism

5:ベースはアイボリー・大粒のシルバーラメ

Romanticism

9色の中で最も大きいラメ。

パレットの中心にセットされたメインカラーです。
ギラギラというより、濡れツヤ系のラメ感。
色みがシンプルなため、このパレットはもちろん、お手持ちのカラーとも相性が良いと思います。

6:マットな赤みブラウン・ほんのりイエローラメ

Romanticism

塗り広げると、ほぼラメは見えませんが、よく見るとラメ入りのカラー。
細くライン状に入れても良いです。
マット単体だと、重くなる時は、少しだけラメ感のあるこちらを選んでみてください。
7番以降の色と組み合わせることが多いです。
7:マットなオレンジブラウン

Romanticism

マット3色の中で、最も軽やかな色合い。
夏っぽいマットカラーなので、敢えてラメを足す必要はないです。
下まぶたに塗ってもかわいいですよ。
使いやすいと思います。
8:マットなブラウン

Romanticism

正統派ブラウン、万能なカラー。
締め色として以外にも、ラメを際立たせるためにベースに塗っても良いです。
特に5番のラメと相性が良いと感じます。
9:ベースは飴色・多色ラメ

Romanticism

ベースの飴色がお洒落な、かなりおすすめのカラー。
テクニック要らずで、エキゾチックな雰囲気が楽しめます。
アイラインを引かずに、こちらと軽くマスカラを塗るだけでアイメイクが完成しますよ。
時間がある時は、7〜9番の3色を使い、少し手の込んだメイクをするのがお気に入りです。

以上が全9色の説明となります。
ラメ/パールカラーの接写 ▼

Romanticism

とっても綺麗ですよね!
ぜひ、マットカラーと組み合わせて、メリハリのあるメイクを楽しんで頂きたいです。

1番と4番を混ぜ合わせて葡萄色を作ることもできますよ。

Romanticism

2色3色と重ねることで、オリジナルの夏メイクを楽しめます。
メイクが思いつかない場合は、横の3色でメイクしてみては、いかがでしょう。
同じ塗り方でも、全然違う3パターンに見えるため、おすすめです!
コスメアドバイザー
ちこえ
メイクレシピプランナー / ブリリアントプラス公式アドバイザー / 美容コラムニスト / コスメレポーター / スキンケア(混合肌/肌弱め/ニキビ/赤ら顔) パラドゥ2018SSネイルコンテスト受賞 Ray2018
https://twitter.com/chicoecco